入れ歯

入れ歯

入れ歯

入れ歯について

入れ歯は大きく分けて、ご自分の歯が残っていて歯のないところを補う部分入れ歯と、歯が全くない状態で使用する総入れ歯に分かれます。

部分入れ歯

取り外しが可能です。
残っている歯にバネをかけて歯ぐき(顎の土手)で支えるようになります。
この際に、バネをかけるために歯の一部を少しだけ削ることがあります。

部分入れ歯両フック 部分入れ歯片方フック

総入れ歯

歯が全くない場合に使用します。
入れ歯と粘膜との間に唾液が入ることによって生まれる吸着力で維持されます。

保険の入れ歯と自費の入れ歯

保険の入れ歯(レジン床)

プラスチック系のアクリル・レジンを使用します。

レジン床義歯は通常最も多く作られている入れ歯ですが、食べ物の熱さや冷たさに対する温度伝達度が鈍く、床がプラスチックでできているため割れやすいので、強度を保つために厚くしたり、大きめに作ったりしなければならない材質的な難点があります。

特徴
  • 強度維持のため厚みがあり違和感がある
  • 熱伝導が悪い
  • 吸収性があるため変色しやすい

自費の入れ歯(金属床)

コバルトクロムまたはチタン使用します。

コバルトクロムは、金属床の中でも最も使用されている金属で、厚さも十分にあり、薄く、細く、ピッタリと合う入れ歯を作ることができます。

また、チタンはコバルトクロムより軽く強い耐食性、耐熱性を持ち、生体親和性に優れた金属でより軽く、薄い入れ歯を作ることができます。

レジン床に比べて床の厚さは1/3~1/4のため、違和感も少なく熱伝導が良いので、熱いものは熱く、冷たいものは冷たさをすぐに感じます。

特徴
  • 金属のため強度に優れ、薄くできているため口の中に入れても違和感がない
  • 熱伝導が良いので味覚を損なわない
  • 強く噛んでもたわまない

マグネットによる入れ歯

磁石方式の入れ歯(自由診療)

残っている自分の歯に磁石と相性のいい磁性金属、入れ歯側に超小型磁性体を取り付け、磁力によりガタつきのないピッタリとフィットした入れ歯が可能になりました。ただし、残っていない方にはこの方式は採用できません。

装着・取り外しが簡単

強力な磁石によって入れ歯を近づけるだけで、所定の位置に吸い付くようにはまります。残っている歯に引っかける、わずらわしいバネや複雑な仕掛け等もありませんから、簡単に義歯の装着・取り外しが行えます。

落ちない入れ歯、見た目もスッキリ

小さくても強力な磁石です。入れ歯が落ちたりすることなくピッタリと固定されますので、思う存分食事や会話を楽しめます。
また、針金状のバネがないので見た目もスッキリと自然です。

新しいノンクラスプデンチャー
『Esthetic Denture(エステティック デンチャー) 』

金属バネを使わず色が半透明なので、口の中で自然な一体感があります。
新素材を使用していますので、薄くて軽く、しっかりと噛める入れ歯です。
吸水しづらい特徴があり、臭いが付きにくく変色にも強いです。
薬事法認可材料ですので、安心してご使用いただけます。
また、金属床とあわせることでより良い入れ歯にすることができます。

入れ歯ができあがるまで

型を取って義歯がお口に入るまでにはおよそ1ヶ月ほどかかります。
お急ぎの方はご相談に応じますので、お気軽にお申し付けください。

質問などもお受けいたします。まずはご相談ください。

来院1回目

患者様ご自身のご要望をお聞きします。
保険で作るか自費で作るか等、ご相談の時間を持ちます。

個人トレーの型を取ります。
患者様一人一人のお口に合わせたトレーをお作りするためです。

来院2回目

顎の形に合わせたトレーができてきます。
個人トレーを使って、ゴム質の粘土で今度は精密な型を取ります。
顎の土手の型の模型が完成します。

来院3回目

噛み合わせを決めます。
ワックスを使って上下の噛み合わせを決め、人工歯の色を選んでいただきます。

来院4回目

ろうを使った入れ歯の模型で、歯の色や型を見ていただきます。

※この時の歯ぐきの色はできあがりとは異なります。

来院5回目

入れ歯が完成します。

※食後は入れ歯をはずして、専用のブラシで磨いていただくようになります。

※入れ歯を上手に入れられるまでには慣れも必要です。
新しい入れ歯は新しいクツと同様、慣れるまでに時間が必要です。
その間に何回か調整を行いますので必ずいらしてください。
またメインテナンスも行っております。お気軽にご相談ください。

入れ歯ご使用の方、次のことをお守りください

入れ歯を入れて2、3週間くらいは、大きくて「かさ張る」感じがしたり、つばが多く出てお話が自由にできにくいことがありますが、大きな声でゆっくり話す練習をしていただければ、だんだん慣れてきます。

入れ歯に慣れるまでの1ヶ月くらいは、食事の時、食べやすいものをゆっくり召し上がってください。

洗浄剤だけに頼らないで、入れ歯はいつもきれいにブラシで掃除してください。
この際、歯磨き粉は使用しないでください。研磨剤によって入れ歯が磨り減ってしまいます。
食事の後は、必ずはずしてきれいにし、特に入れ歯に接している歯はむし歯になりやすいため、気をつけてよく歯磨きをしてください。
入れ歯を支える粘膜部も歯ブラシの腹や指でマッサージしてください。

夜寝る前には、はずしてブラシできれいに掃除して必ず水の中に保存してください。乾燥するとひび割れ、変形等が生じて入れ歯の破損や変形による痛み、入れ歯としての十分な機能が発揮できなくなります。
顎が痛くなる方は、夜も使用したほうが良い場合もありますので、ご相談ください。

痛いところができたら、我慢して使用しないではずしてください。
また、ご連絡のうえなるべく早く来院してください。

ページトップ