顎関節症

顎関節症

顎関節症

顎関節症は20代の女性に多く、噛み合わせの不具合や頬杖、精神的なストレスによる歯ぎしりなどさまざまな原因が考えられます。

症状としては口が大きく開けられない、顎を動かしたときに音が鳴る、口を開けたときや噛みしめたときに痛みが生じたり違和感を感じる、などが主に挙げられます。
治療方法については現在のところ完治は難しいと言われています。
しかし、原因を除去することで症状を軽減することは可能です。
例としては、寝ている間の歯ぎしりや食いしばりが考えられる場合はスプリントとよばれるマウスピースのようなものを使用し、顎にかかる負担を軽減させます。

また、テレビを見ている最中や食事の準備をしているときに食いしばる癖があるのであれば、意識的に歯と歯を噛み合わせないようにしましょう。 顎に痛みが生じているのであれば、なるべく硬いものを食べないことも時には必要です。多くの場合、時間と共に症状が軽減していきますが、中には変化がない、あるいは悪化することもあり、治療法と原因について今でも研究が進められています。

顎関節症用マウスピース

顎関節症用マウスピース 顎関節症用マウスピース 顎関節症用マウスピース
ページトップ