子供が転んで歯をぶつけた時、どうする?

みなさま、こんにちは♡
伊藤歯科医院、院長の伊藤愛子です。

今回のテーマは『子供が転んで歯をぶつけた時、どうする?』です。

歯を何らかの原因で強打してしまった時、歯がどうなってしまうのか、またその際の対処法をご説明いたします。

子供の転倒。
親がよく注意して見ていても、激しく転んでしまう経験、よくありますよね。

その時に多いのが、歯(特に前歯)の負傷です。

転んでしまって、号泣。
ましてや出血している場合は、親も慌ててしまいますよね。

そんな時は、落ち着いて以下のことを確認して下さい。

歯をぶつけた時に出てくる症状はいくつかあります。

① 口から出血している
② 歯が欠ける
③ 歯がグラグラしている
④ 歯が抜けた
⑤ 硬いものを噛むと痛がる
⑥ 歯の色が次第に黒く変色してきた

以上の症状が出てきた場合には歯科医院を受診して下さい。

まず、転倒したら①〜④を確認して下さい。

① 口から出血している

これはぶつけた歯の周りの歯ぐきからの出血か、唇や舌などが傷つき出血している場合もあるので、どこからの出血か確認してまずは圧迫止血をして下さい。そして早めに歯科医院を受診して下さい。

② 歯が欠ける

歯が欠けていないか確認して下さい。
明らかに大きく欠けている場合は、早めに歯科医院を受診して下さい。

③ 歯がグラグラしている

歯のグラグラは乳歯が永久歯に生え変わる時にはグラグラしてくるので、そのグラグラでしたら特に問題はありません。
まだ、生え変わる気配がないのに、ぶつけたことでグラグラしている場合には歯科医院を受診して下さい。

④ 歯が抜けた

まず、出血しているので圧迫止血をして下さい。
そして抜けてしまった歯をよく見てください。
歯が抜けるのも、生え変わる時期にぶつけたことで乳歯が抜けてしまったなら特に問題ありません。
その見分け方は歯の見えている部分しか抜けてなければ通常の生え変わりなので特に問題はありません。
歯の根ごと抜けてしまった場合は、直ちにその歯を持って歯科医院を受診して下さい。

抜けた歯を持って行く際には、以下の対処をして下さい。

抜けた歯の根には歯根膜というものが周りについているので、血が付いているからといってゴシゴシ洗ってはいけません。
土などで汚れている場合はサッと洗いましょう。
そして歯は乾燥に弱いので、牛乳があればその中に入れて直ちに歯科医院を受診して下さい。
牛乳がない場合は、口の中に入れて唾液で保護していただく方法もありますが、飲み込んだり、噛まないように注意が必要です。

⑤と⑥は数日後、または数ヶ月後に出てくる症状です。

①〜④までの症状がなくても、しばらくして⑤と⑥の症状が出てくることがあります。

どちらかの症状が出てきた場合は、歯の中の神経がぶつけた衝撃で死んでしまっている可能性が高いです。

その場合も放置しておいても治りませんので、歯科医院を受診して処置してもらってください。

また、永久歯の成長にも影響が出る恐れがありますので、定期的に歯科医院で経過を診るとよいでしょう。

いずれにしても子供も転倒、乳歯の時は何とかなることが多いですが、永久歯に生え変わった(7歳前後)後は、特に注意が必要です。

いかがでしたか?
参考になればうれしいです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*