大人の歯が横から生えてきた⁉︎

みなさま、こんにちは♡
伊藤歯科医院、院長の伊藤愛子です。

今回のテーマは『大人の歯が横から生えてきた⁉︎』です。

子供も5歳を過ぎるとだんだん子供の前歯がグラグラしてきますね。
子供の成長を感じる出来事だと思います。

みなさまも誰もが経験する大人への階段の第1歩だと思います。

乳歯から永久歯に生え替わって乳歯が抜けるのは、実は永久歯が生えてくるという成長が操作しているものなのです。

乳歯が抜けた歯をみなさま見たことがおありだと思いますが、歯茎にくっついていた面はギザギザしていてよく見てみると真ん中に穴が開いていてその中に血液が混じったプルプルしたものが入っています。

実は永久歯が乳歯の根っこを溶かして、最終的に頭の見えている部分(歯冠)だけになり、乳歯が抜けるのです。真ん中に入っているものは歯の神経(歯髄)です。

ということは、乳歯がある真下に永久歯がきちんと存在していないと乳歯が抜けてないのに永久歯が横から生えてきたという現象が発生するのです。

この現象は前歯によく見られる現象です。前歯は横に平たい形なので、重なるように生えてくることがよくあります。

はじめて抜けるのが前歯なのに、重なって生えてくるとどうしたらよいか困りますよね。

その場合は、自然に抜けるのを待つより歯医者さんに行って抜いてもらいましょう。

その状態のままですと、抜けないどころか歯並びが悪くなる恐れがあります。

近年では、だんだん顎の骨が小さくなる傾向にあるので、重なって生えてきたり、スペースが足りないために永久歯同士が重なって生えてきたりすることがよくあります。

その場合は顎の成長を促す矯正をする必要も出てきますので、歯科医にご相談ください。

子供の歯並び、気になりますよね。
早めに歯医者さんに相談しましょう。

稀に。
もともと乳歯の下に永久歯がない(先天欠如)ということがあります。
その場合は、乳歯の根っこは溶けず、自然に抜けることもありません。

そういった場合、その乳歯がムシ歯などで保存不可能になってしまうと替わる歯がないので大切にしましょう。

永久歯がきちんとあるかどうかはレントゲン撮影の検査を受ければわかります。
抜けないな?生えてこないな?などご不安でしたらレントゲン検査を受けてみてください。

どうでしたか?
少し参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*